puramo-biyori

ブキヤのサポパ
 昼に仕事の理事会があって(一応肩書きは副会長だけど、完全なボランティア)、その帰りにめったにいかないヤマダ電機へ行ってみた。

 居住地は島なので、プラモ売っているような家電量販店はない。

 来るのは数年ぶりだと思うけど、プラモ置場もかなり縮小されていた。

 特にめぼしいプラモはなかったけど、端の壁にコトブキヤのサポートパーツが目に入った。

 かなり高いところに陳列されていて一番高いところは2m以上のの高さにある。

 まず手に取ってみることはできないので、脚立か何か持ってこないと取れないようなレベル!


 まあ、それはいいとして、ヤマダ電機は通常2割引きであるけれど、価格をみると1個160円?

 コトブキヤのサポートパーツは多くが現在300円まで値上がりされているのでどれもが価格改定前の代物。

 コレはお得!!と、まとめ買いしてきた。

IMG_1255.jpg












 サポートパーツはよく利用するので、大量に在庫をストックしておくようにしている(特に田舎だし)。


IMG_1254.jpg















 よく使うものは買い足しているけど、たまにヤフオクでまとめ売りしているのも買ったりする。

 そういうのだとまず使わないようなものも含まれているけど、たまにそれが必要だったりすることもあるから見逃せない。

 使わないものばかりあっても無駄だから、市価の半額くらいを目安に入札している。

 そういった意味からいえば、今回はラッキーだった。

 たまには行ってみるもんだね。



 ところで、このサポートパーツの価格のインフレぶりは痛い。

 発売当初は1個150円だったけど、今では倍の300円!!

(去年鳥取の模型店「アクシズ」でHJのライターもされている”あくしずてんちょう”と話をしたときこの150円時代は知らないっていってた。もう忘れ去られているのね)

IMG_1256.jpg













 通常のものは

150円→210円→324円

 だったような。

 初売りが262円だったパーツも、今では378円…

 財布に厳しい世の中ですね。


スポンサーサイト
カッティングジグ
 2~3ヶ月前に注文していたボイジャーのカッティングジグが届いた。

IMG_1246.jpg








  マスキングテープをカットするための工具。

 1~4まであるけど、4は形状がかなりトリッキーなので使うことはまずないだろうから、3種注文しておいた。

 今まで細切りするときはフリーハンドか、Mr.ホビーのマスキングを使っていたけれど、1mmか2mmの2種しかないので使い勝手が悪い(あと高いし)。

IMG_1248.jpg











 板に溝が掘ってある状態で、そこにマスキングテープを貼りつけデザインナイフを溝に沿わせてカットするのですが、実際届いた商品をみると、板が反って湾曲している。

 使えないほどではないけど、微妙に気になる。


 細切りは、0.5mm~3.0mmまで0.5mm単位で出来るので、非常に便利がよい。

IMG_1247.jpg








 実際0.5mm幅でカットしてみたけど、きれいなラインが切り出せた。

 なかなかフリーハンドでは難しいからね。

 腕が足りない分は、道具でカバーします!
Mr.ゲルクリーナー
IMG_1245.jpg









 新製品ではないけど、

 今まで必要性を感じていなかったのですが、なんとなく買ってみた。


 細かい汚れをとれるということだけど、ヤスリの掃除はハブラシで十分だし、パーツは洗浄するから特に問題無い。

 実際ヤスリに使ってみると確かに、普通の汚れはひっついて取れるけど、瞬間接着剤を削ったカスはやっぱり取れない。
 
 いつものようにデザインナイフでカリコリはぎ取るしかなかった。



 何か用途がないかと考えた結果、スジボリ堂のマジックやすりで試してみた。

 目詰まりしにくく、洗浄ができるというのが売りだけど、結局は目詰まりするし、洗うの面倒。

IMG_1233.jpg








 ↑これが目詰まりした状態。


IMG_1234.jpg




 ↑歯ブラシで汚れを取ってもこの程度。









IMG_1235.jpg








↑Mr.ゲルクリーナーを使うとここまできれいになりました。

 新品と交換すればよいのかもしれませんが、貧乏性なため限界まで使います。




Designed by aykm.