puramo-biyori

おかいもの
>中華まん

 前回以来、中華まんが気になって結構買っている。
 先日はサークルKの「もんじゃまん」を食べた。
 味は…

 たこやき!

>おかいもの

 この辺ではあまり売っていないものを調達しに、福山へボークス探訪。
DSCF8298.jpg

 造形村の製品はほとんど使用していなかったのですが、今回は思い切って。
 シリコンの型取りブロックはクレオスを使用していましたが、破損が目立ってきたのとこちらのほうがよいとうわさを聞いたので、多めに2kg用購入。
 粘土状シリコンは値段がけっこうするのでどうしようか迷っていたのですが、両面抜きではムリな形状の複製のため思い切って購入(すくすくスクラッチ参照)。おゆまるでもいけそうですけどね。
 ポリパテも普段ほとんど使いませんが、作業時間短縮のため購入してみました。
 普段の盛り作業は、WAVEの軽量エポを使用しています。
 説明には2~3時間で硬化し作業可能とありますが、実際には半日くらいおく必要あるので硬化時間から言うとポリパテのほうが圧倒的に早いですね。
 ただ造形村のポリパテはくさいと聞いているのでそれが心配です。。
 あと、いまさらながらやっと「ユニコーン」購入。
 スケール比較用に買っといたほうが無難かなって。

>ロトる8

 あまり進んでいませんが、今回は両肩の換装。
DSCF8299.jpg

 兵員輸送車の場合はなにもなく凸ディティールのみのようですが(上から見た図がない!)、
DSCF8301.jpg

 ガンタンクのようなキャノン装備。
 ここは形状が全く同じなのでF91ガンタンクのパーツを流用しました。
 砲身は短く感じたので10mmほどプラパイプで延長しています。

 また最近忙しくなってきたので、更新滞ると思いますがご了承くださいね。 
スポンサーサイト
ロトる7
>中華まん♪
先日の「ぷっすま!」特番で秋元康さんが「ローソン中華まんトップ10」を選ぶコーナーがあって、
1位に選ばれた「北海道グラタンまん」を食べた。
紹介されていた中華まんは20数種類あったけど、通常近所の店頭においてあるのは10種類もなくほとんど知らないものばかりだった。
今までこういうものがあったのかさへ覚えていないが、この番組の影響力は大きく前回のラーメン特集も売り切れになったらしいから、こちらのローソンでも今回入荷したのかもしれない。
ところで感想としては、思っていた通りの味。
確かにおいしいとは思うけど1位じゃないかな。

小学生の頃は、あんまん、肉まん、カレーまん位しかなく、ピザまんが出たときはカルチャーショックをうけた。
当時でも70円くらいだったから、30年近くたっても105円で買えるのは価格の優等生か。

>ロト7
本当はきりのよい「ロト6」で終わらせたかったのですが、もうしばらく続きます。。。

>両肩上のオプション
DSCF8294.jpg

 左はサーチライトで、右は自動小銃のようなものだと分かるんですが、両肩前後にある丸い突起物って何なんでしょうね?
 AFV詳しい人がいたら教えてください。

>足首の可動
DSCF8295.jpg
 
 結局MS,タンク両方を取り入れた感じでこのように解釈。
 贅沢にもここだけで片足に関節技3つ使用しています。
 足首のカバーはMSではもう少し小ぶりなのですが、タンク変形時には脛の下にかぶさるようになっているので、変形を考慮して大きめです。
 ただこの足って安定性悪い。立たせるポイントに一苦労です。

>立った~クララが立った~
DSCF8293.jpg

DSCF8291.jpg

 一通り画稿に載っていたパーツをつけて、立つことができました。
 イや~ここまで長かった。
 シンプルに見えるデザインですが、結構ボリュームあります。
 ほぼプラ板のみのスクラッチにしては、まあまとまったほうかなと。

 頭部はトサカを0.5mm延長したのですが、それでも全体からすると頭部が小さく感じるのでひさし部分で1.0mm延長しています。
 首もボールジョイントで可動しますが、胴体への収納ギミックがまだ出来ていないので不完全。
 背面キャタピラは完全にタンク時の形状を選択しましたので、MS画稿と全く異なります。
 後でカバーなどは作っていきます。
 細部をもっとつめる必要がありますが、ようやく終わりが見えてきた?
ロトる6
 最近メカデザインに悩んでいて、いろいろ見ていると…
 日産の車がロボットに変形するデュアリスのメカデザインて河森正治氏のデザインだったんだね(半年以上遅れての話題)。
 どうりでエウレカっぽいと思った。
 河森氏といえば最近もメカデザイナーとして活躍されていますが、僕的にはマクロス劇場版の監督のイメージが先行する。
 当時「愛おぼえていますか」の特番があったとき、司会進行をしていた山本晋也監督(なぜに?)が河森氏に、
「歌が主役のアニメって珍しくないですか?」
と質問し、答えに困っていたのをおぼえている。
 当時でもそこそこあったと思うよ。

 ロトも悩んでいてもしょうがないので、細かいところをつめていく。
DSCF8286.jpg

 車輪は複製したけど結構失敗多い。
 まあ36個も必要なので、少々はOKとした。
 カバーでほとんど見えなくなるしね。
 キャタピラはプラ板で作ったけど、それだけではらしくならないので、端の連結部分も0.5x0.5x2mmのプラ棒をひたすら接着していった(結構嫌いじゃない作業)。

 DSCF8287.jpg

 手先のディティール。
 たぶんここからはミサイルが発射されるのだろうけど、4連1段なのか、4連2段なのかが不明。
 MSでは段差ついているのでそれらしくしたけど、個人的には4連1段だろうと思っている。

 DSCF8288.jpg

 よく分からない面構成の膝。
 膝裏がどうなっているのかがよく分かりませんが、細かい可動をさせることも出来ないので、形が出来ただけよしとしよう。
ロトる 4
 プラ板工作の場合、僕はほとんどタミヤを使用しています。
DSCF8278.jpg

 理由は入手しやすいからと、安いから、のみ。
 後はエバグリを少々。
 メインの工作は1.0mmを使用。
 ヒートプレス時は1.2mmを主に使用しています。
 新しく発売された、1.5mmと2.0mm。
 一応買ってはみましたが1.5mmはギリ使いづらい。
 だから2.0mmはまったく使ってません。

 今日のロトは、脚部の考察。
DSCF8276.jpg

 試しに関節をつけてみました。
 画稿のバランス的にはこんなものなのかなと。

 ただ、コレをタンクに置き換えてみると、
DSCF8277.jpg

 下腿部が短く感じます。
 つまり作画のタンク形態は下腿部が長めに描かれている。
 バランス的にどちらを優先するかですが、あまり足の長いMS形態はよろしくないと思うので、もう2~3mmだけ下腿を伸ばそうかなと思います。
 足首の作画はMSとタンクで全く異なるので、どうしようか?

 今回複製用のパーツは、車輪とマニュピレーターボックスのみでいけそう。
DSCF8275.jpg

 肝心のキャタピラですが、作画の形状に近いものはアメリカのエイブラムスやイギリスのチャレンジャーが似ています。
 ただスケール的には1/48があれば使えそうなのですが、タミヤのヨンパチではまだ出てないよね(違ったらごめん)。
 検索で、アリイから出ていたリモコンのエイブラムスがひっかかったけど、使えるかどうか分からないものに2,3千円使う勇気はない。
 たぶん自作する。。。

 今回HJに掲載いただいたクシャ。
DSCF8269.jpg

 今までと何が違うかというと、細部の塗装や筋彫りの修正、デカール貼り、メタルパーツの追加が主です(発送まで3日なかったので)。
 あとはCG合成用に使うということで、別途ファンネルの製作を依頼されて送りました(で、CGは?)。
ロトる 3
 今週末の連休は夜間の時間外も1件だけだったのでゆっくり出来ました。
 しかし、毎年のことながら12月はなぜか手術件数増えるんですよね。
 基本的に内科と外科なら、手先を使う外科のほうが好きです。
 ただ仕事上人間のように担当の科だけをやっていればいいわけではなく、僕らはすべてのことをやらねばならない。
 内科あっての外科ではあるので、内科をしっかりやらなければならないのは当然です。
 某所の書き込みで、yubabaはあらゆるものを犠牲にしてプラモばかり作っているだろうと、憶測の書き込みがあったりしたので、ちゃんと仕事もしてるぞって、触れてみました。

 今日は福山のプラモ屋へ行った帰りに、以前から行ってみたかったファミレスの「COCO'S」へ行きました(この辺ではたぶんあそこ1件だけ)。
 子供がドラえもんを見ている途中のコマーシャルで毎週ながれるから、気になって気になってて。
071224_1319~0001

 定番メニューの包み焼きハンバーグを食べましたが、おいしかったです。満足満足(食べる前に写真撮れって)。

 先月から気になっていた、DHMをようやく今日入手。
DSCF8270.jpg

 なんたって1/100のクシャのガチだから気にならないわけがない。
 誰がどんな風に作成するのかと思ったら、なんとスクラッチのエース、岬大先生ではないですか!(すくすくスクラッチは今でも僕のバイブルです)。
 いやでも比べられるのが非常に心苦しいのですが、個々のパーツの精度もさすがです。
 ちゃんとした設定がないので、製作したものにしか分からないだろう解釈の仕方の違いも読み取れて、大変勉強になりました。
 僕の場合袖つきのエンブレムはエポパテをエンブレムの厚み分周りを削りとることによ浮き出させたのですが、均一に削るのは非常に難しいんです。
 先生は2重バキュームによる成型とのこと。確かにコレだと均一な厚みは得られるのでなるほどなのですが、それでも実際やるとなるとかなり大変だよ。
 バインダーはバキュームで全部やったらしいから、それも大変だっただろうな。
 みなさんもじっくり見てください。

 ようやく今日のロト6。さて今日の当選番号は…

    ?

 いや、今日の工作は、あたま。
DSCF8271.jpg

 他の部分も大体出来たので、頭を作っても良いかなと。
 基本的にどこから作るかは個人差あると思いますが、フルスクは僕の場合、胴体からはじめます。
 そのほうがあとは手足を伸ばしていくのでバランスをとりやすいのです。
 1/100なのに、小せえよ。1cmないし。
 一番小さいカメラの箱は1mmちょっと。
 今気づいたけど鶏冠低いな、もう少し高くせんと。
DSCF8272.jpg

 DSCF8273.jpg

 はじめ作ったら少し小さい感じがしたので一回り大きくしたのですが、そしたら胴体への収納に問題が。クリアランスのせめぎ合いです。
 
Designed by aykm.