puramo-biyori

1/60ガンダムを作ってみよう~その5~

 今回の雨はよく振りますね。
 今日4日ぶりに小学校の休校も解除され、息子も登校していきましたが、夕方からまた警報でてます。

 今週末は、広島(市)へ。
 目的は「ウォーキングwithダイナソー」を見るため!
art_dinosaurs02_m_100808.jpg











 まず、こういうイベント事やコンサート、映画の類はほとんど行かないんですが、これは即決!
 先行前売りで即申し込みました。
 VIPでもよかったんですが、なんとなくS席予約。
 今から楽しみです。


  週1での更新を目標にしていましたが、気付けば過ぎてました…

 DSC04868.jpg










DSC04867.jpg













 お股はそのままでは大きく足を開くことができないので、がっつり削り込み、太ももの付け根も斜めにカット。


 胸は、ダクト挿入部分にプラ板の箱を組み込みました。

 コクピットの出っ張り部分は、腹を延長したので足りなくなっているから、内側をくりぬいて足りない部分をプラ板やパ手で付け足します。

 首回りも1段低くなるよう開口して、プラ板で穴をふさぎました。

DSC04866.jpg














 だいぶ、形になってきましたね。

DSC04865.jpg















 こう見るとやはりあの作業は必須だな…
スポンサーサイト
1/60ガンダムをつくってみよう~その4

 ランニングとなるときついので、消費効率のよいと聞いた速足でのウォーキングをやている。
 
 腕の力もつけるため、両腕に1kgのウエイトを装着してやっていたのだけれど、どうも両手が手持無沙汰だったので、ダイソーでハンドグリッパーを購入してみた。

DSC04848.jpg








 あまり固いものだと1~2時間もたないから、まずは5kgからやってますけど、これなら大丈夫そうです。

 次は10kg買ってみよう。

 気軽に買い替えられるのでダイソーサマサマです。


>1/60ガンダム

 全国51人の(1人増えた?)旧1/60ガンダムファンのみなさん、こんにちは。



 いきなりですが、


 ゴメンナサイ。


 形状いじるつもりはないって言ったのに、体切り刻んでしまいました!!


 ほかの部分の出来が良いので、どうしてもつぶれた体が気になった。

 モデラーの嵯峨か!?

DSC04824.jpg









 まず気になるのは、裃のように逆三角形になった胸。

 八の字にできればベストだけど、ガンダムは胸の四角いダクトがあるので、直角加工するのが精いっぱい。




 あとはコクピット部分と胸のダクトをすっ飛ばして、中央で4mm幅詰め、赤い胴部分で3mm延長しました。


 少しでもいかり肩にするため、胸の中に仕込んだ肩のポリキャップボックスを斜めに取り付けています。

DSC04851.jpg











 元の写真でもわかるように、もとキットが不細工な原因の1つが短すぎる上腕。

 とりあえず5mm延長してみましたが、体の出来次第でどうするか後で決めます。

DSC04847.jpg















 気合を入れれば1週間くらいで終わるだろうけど、せっかくのキットですし作例の合間にやってますので、次回も気長にお待ちくださいませませ。
1/60ガンダムを作ってみよう~その3~
>以前のまわしはかりものだったけど、自分用に購入しました。

DSC04835.jpg











 1万円て、まわしもけっこうするのね。

 のりをとるため、お風呂につけて日陰干し中。



 全国50人の1/60旧ガンダムファンのみなさん、こんにちは。

 今日は頭です。

DSC04836.jpg











 キットは首から上が前後2パーツに、アンテナというシンプルなもの。

 表情をつけやすくするのと顔周りをすっきりさせるため、フェイスと首を切り取り、足りない部分はエポパテで補います。

 ほほ部分を少し削りましたが、もともと顔がでかいので大差ないですね。

 耳のダクト部分も向かって右が深くしたもの、左がそのまま。

 バルカン部分も開口して、あとでパイプ付け足します。

DSC04838.jpg









 顔下半分をもう少し小ぶりにしたほうがよい気もしますが、顎を引いた状態にできるようになったので、男前になった気がしません?気のせい?
1/60ガンダムを作ってみよう~その2~
 まずは足からの制作です。

 足底は組み上げた時点でヒケだけでなく、パーツの反りもありやすりがけだけでは対処しきれないので、0.5mmのプラ板を張り付けて平面を出しました。

 接地性を良くするためには足首関節の改修は必須。

 横棒の関節らしきものはありますが、ほとんど動かないのですっぱり切りとります。

DSC04827.jpg

 






 下腿部の足首関節部分はエポパテで埋めます。

 内側に関節技で足首関節をつくって、稼働域を広げます。

 この時中央より内側に固定。

DSC04830.jpg








 極力形状には手を加えないつもりでしたが、薄いふくろはぎ部分がどうしても気になるので、やや太らせます。

DSC04828.jpg









 素立ち前提なので、ひざ関節は曲がる必要もないし、アトハメもしやすいので、もとからあるポリキャップ固定用の穴に5mmプラ棒を差し込みました。

DSC04832.jpg









 というわけで、足はこんな感じで立ち上がります。

DSC04829_20100625142418.jpg













 (足だけなら)今のキットとも見劣りしないように思えませんか?

 ということは体や頭が問題か…?





 今月号作例、ドーベン・ウルフを担当しています。 詳細はprofile画面からどうぞ。

1/60ガンダムを作ってみよう~その1
 昨日カ○ト塾へパソコン持参で行って、Salaさんにアドバイスをもらいながらようやく問題解決♪

 実にHPは1年1か月振りの更新です。

 とはいっても、何が変わったわけではないんですが…



 そのとき、お願いしていた初期の1/60ガンダムをSalaさんから譲っていただきました。

DSC04822.jpg









 このキットにはガンプラの中でも、とくに感慨深いものがあります。

 当時の小学生にとって、この1/60というキットはとても高価であり(てっきり3000円だったと記憶していましたが、2000円だったのね)、周りにもほとんど持っている友達はいませんでした。

 そんななか、おたふくかぜをひいたときに買ってもらったという友達の所へ遊びに行った時、勉強机の本棚の上に飾られてているこの1/60ガンダムは光り輝いているようにみえたものです。

 
 さてこのキットですが、当時最高峰のキットだけあり、ちゃんとコアファイターも変形、内蔵可能であり(1/100キットのように、コアファイターが半分露出してしまうこともありません)、オプション武器も豊富。

DSC04824.jpg











DSC04825.jpg


 










 とくに気に入ったのは、プラ製のビームサーベルも付属していますが、クリアーのビームサーベルがほしければ自分で削れという潔さ。漢をかんじます。

DSC04826.jpg










 さて、これをどのようにするかですが、

 今風のかっこ良いガンダムにするんだったら、今のキットを買えばよいわけで、

 今回はキットを生かした素立ちのガンダムを丁寧に作りたいと思います。



 とはいってもさすがに30年前のキット。

 合わせ目の狂いやヒケは半端ではありません。

 まずは完成形をイメージしつつ、御影台で面出しをしてそこらへんを処理していきます。

 でかいだけに、人苦労。

DSC04823.jpg








Designed by aykm.