puramo-biyori

クラッシュ
 年末のこの時期に、不幸が一つ。
 うちでは室内で猫を4匹飼っているのですが、そのうちの1匹が以前からたまに嘔吐をしていました(特に病気というわけではありませんけ)。
 そいつが先日、たまたまパソコンのキーボードの上に…オェッ。

 清掃とかしてみたのですが、結果全くキー入力が出来なくなってしまいました。
 修理に出しましたが、年末年始のため当分かかるようなので、当分ブログ更新できそうにありません。。。(別のところから今書いています)

 というわけで、しばらく書き込みいただいてもすぐにはご返信できそうにありません。
 ご了承ください。

 それでは、皆さんよいお年を~
スポンサーサイト
ロトる 4
 プラ板工作の場合、僕はほとんどタミヤを使用しています。
DSCF8278.jpg

 理由は入手しやすいからと、安いから、のみ。
 後はエバグリを少々。
 メインの工作は1.0mmを使用。
 ヒートプレス時は1.2mmを主に使用しています。
 新しく発売された、1.5mmと2.0mm。
 一応買ってはみましたが1.5mmはギリ使いづらい。
 だから2.0mmはまったく使ってません。

 今日のロトは、脚部の考察。
DSCF8276.jpg

 試しに関節をつけてみました。
 画稿のバランス的にはこんなものなのかなと。

 ただ、コレをタンクに置き換えてみると、
DSCF8277.jpg

 下腿部が短く感じます。
 つまり作画のタンク形態は下腿部が長めに描かれている。
 バランス的にどちらを優先するかですが、あまり足の長いMS形態はよろしくないと思うので、もう2~3mmだけ下腿を伸ばそうかなと思います。
 足首の作画はMSとタンクで全く異なるので、どうしようか?

 今回複製用のパーツは、車輪とマニュピレーターボックスのみでいけそう。
DSCF8275.jpg

 肝心のキャタピラですが、作画の形状に近いものはアメリカのエイブラムスやイギリスのチャレンジャーが似ています。
 ただスケール的には1/48があれば使えそうなのですが、タミヤのヨンパチではまだ出てないよね(違ったらごめん)。
 検索で、アリイから出ていたリモコンのエイブラムスがひっかかったけど、使えるかどうか分からないものに2,3千円使う勇気はない。
 たぶん自作する。。。

 今回HJに掲載いただいたクシャ。
DSCF8269.jpg

 今までと何が違うかというと、細部の塗装や筋彫りの修正、デカール貼り、メタルパーツの追加が主です(発送まで3日なかったので)。
 あとはCG合成用に使うということで、別途ファンネルの製作を依頼されて送りました(で、CGは?)。
ロトる 3
 今週末の連休は夜間の時間外も1件だけだったのでゆっくり出来ました。
 しかし、毎年のことながら12月はなぜか手術件数増えるんですよね。
 基本的に内科と外科なら、手先を使う外科のほうが好きです。
 ただ仕事上人間のように担当の科だけをやっていればいいわけではなく、僕らはすべてのことをやらねばならない。
 内科あっての外科ではあるので、内科をしっかりやらなければならないのは当然です。
 某所の書き込みで、yubabaはあらゆるものを犠牲にしてプラモばかり作っているだろうと、憶測の書き込みがあったりしたので、ちゃんと仕事もしてるぞって、触れてみました。

 今日は福山のプラモ屋へ行った帰りに、以前から行ってみたかったファミレスの「COCO'S」へ行きました(この辺ではたぶんあそこ1件だけ)。
 子供がドラえもんを見ている途中のコマーシャルで毎週ながれるから、気になって気になってて。
071224_1319~0001

 定番メニューの包み焼きハンバーグを食べましたが、おいしかったです。満足満足(食べる前に写真撮れって)。

 先月から気になっていた、DHMをようやく今日入手。
DSCF8270.jpg

 なんたって1/100のクシャのガチだから気にならないわけがない。
 誰がどんな風に作成するのかと思ったら、なんとスクラッチのエース、岬大先生ではないですか!(すくすくスクラッチは今でも僕のバイブルです)。
 いやでも比べられるのが非常に心苦しいのですが、個々のパーツの精度もさすがです。
 ちゃんとした設定がないので、製作したものにしか分からないだろう解釈の仕方の違いも読み取れて、大変勉強になりました。
 僕の場合袖つきのエンブレムはエポパテをエンブレムの厚み分周りを削りとることによ浮き出させたのですが、均一に削るのは非常に難しいんです。
 先生は2重バキュームによる成型とのこと。確かにコレだと均一な厚みは得られるのでなるほどなのですが、それでも実際やるとなるとかなり大変だよ。
 バインダーはバキュームで全部やったらしいから、それも大変だっただろうな。
 みなさんもじっくり見てください。

 ようやく今日のロト6。さて今日の当選番号は…

    ?

 いや、今日の工作は、あたま。
DSCF8271.jpg

 他の部分も大体出来たので、頭を作っても良いかなと。
 基本的にどこから作るかは個人差あると思いますが、フルスクは僕の場合、胴体からはじめます。
 そのほうがあとは手足を伸ばしていくのでバランスをとりやすいのです。
 1/100なのに、小せえよ。1cmないし。
 一番小さいカメラの箱は1mmちょっと。
 今気づいたけど鶏冠低いな、もう少し高くせんと。
DSCF8272.jpg

 DSCF8273.jpg

 はじめ作ったら少し小さい感じがしたので一回り大きくしたのですが、そしたら胴体への収納に問題が。クリアランスのせめぎ合いです。
 
ロトる 2
 なんか久々にプラ板主体の作業。
 こころ和みます。

 変形を意識しながらパーツを作っていますが、二次元で考えたことと三次元は違うのでパーツがそろわないことには分かりづらいため、とりあえず最低限必要な部分を製作中。
DSCF8266.jpg


 ここで僕がスクラッチする際の、欠かせない秘密アイテム~魔法の粉。
DSCF8267.jpg

 ていう大げさなものではありません。
 実はただの、やすりの削りカスです。

 プラ板で箱組みしていく際の角の裏側補強や、穴埋めに瞬間接着剤を使用した際、こいつを降りかけて強制硬化させています。
 こんな感じに
DSCF8268.jpg

 以前はアルテコを使用していましたが、コレだと瞬間接着剤を多めに使用した際、粒子が細かいため表面だけが硬化して内側は未乾燥のためすぐにヤスリをかけると、上側がはがれおちることがよくありました。
 削りカスは粒子が粗く、浸透しやすいため硬化が確実で、体積も確保できるので補強にもなります。
 なんといっても廃品利用の地球に優しいエコになることが一番でしょうか?
ロトる
 こちらのブログは久しぶりの更新。
 いつのものように波あります。
 完成品もあるけれど、写真を撮るのが億劫で…(ネットサイトとしてダメじゃん)。

 先日暇だったので久しぶりにDVDを借りてみた。
 「ナイトミュージアム」と迷ったのだけれど「300」をチョイス。
 かなり期待していたけれど、内容的には…。
 宣伝広告倒れて感じでしたね。
 今度はスパイダーマン3か?
 個人的には「バイオハザード3」が早く見たい。

 ドムは背面の処理に答えが見つからず、いつものように停滞中。。。
 最近パテをこねくり回してばかりいたので、プラ板が恋しくってロトはじめました。
 ちなみに好きなスクラッチ素材の順序は、

1.プラ板
2.エポパテ
3.レジンブロック
4.ポリパテ 

 ポリパテなんて持ってはいるけど、ここ数年使ってないな~

 ロトの変形パターンとして単純にいえばF91のガンタンク様なのですが、いつものごとく2次元のうそがある(?)。作図によって形は違うし。
 クシャトリヤのときは絵によって形違っても、どちらかを選択していけばよかったのですが、ロトは変形するって事がネック。
DSCF8264_20071220190836.jpg


 ざっと見るといかにも変形しそうなんですが、この人型がヒルドルブのようなかっちょええタンク形態になるには???なところがたくさんある。
 F91ガンタンクの変形は、頭部が胴体に収納され、前に足を投げ出して、後のキャタピラが降りるだけ。
 ロトを単純にそれで変形させると、胴体がある分画稿のような低重心のタンクにはならんし、後部キャタピラの取り付け全く逆。
 左下のイメージボードのように後部から兵員乗り降りできるくらいの大きさなら、オーバースケールで描かれている。
 他のユニコーン系MSは20mクラスに対し、ロトの設定は12.2mと半分くらい。
 どう考えても兵員8人も載せれそうにないのだけれど…(たぶん操縦者は別だよね)。
 細かいところはまだまだあるけど、そういったところを解決すべくプラ板を切り出す。
DSCF8265_20071220190847.jpg

 はてさてどうなることやら。。。
 
 以前から、迷惑書き込みが続いていたので掲示板のほうは削除してしまいました。
 ブログコメントのほうを復活させましたので、そちらによろしくです。
 
Designed by aykm.