puramo-biyori

新デュエルナイツ
最近発売されたいつものデュエルナイツ新シリーズ。
発売されたのは知っていたんですが、いつものスーパーに入荷しなくてどぎまぎしていましたが、他店にて無事購入できました。

DSC04099.jpg






 今回の新しい試みとして、定番のロボットものですが、人型からタンクやファイターに変形するものが出てきたこと。
 タンク形態はよくまとめたなって感心しました(その分人型はつらいものが)。

 僕の予想ではこのシリーズ、第2章があと1回あって、第3章で完結。計9シリーズと踏んでいますがどうでしょう?




 某所で関節の加工が紹介されているのを見つけ、僕も真似してみました。
 使用したのは第1章炎の惑星編ブルーナイトVer.2(100円でたたき売りされていたから)。
 通常販売品は関節が1軸の差込式なので軸回転は出来るんですが、十分な可動はできません。

DSC04091.jpg





 右が販売されている状態で、左が関節を移植したもの。
 リボルッテク張りの16関節埋め込みました。

DSC04100.jpg





DSC04101.jpg





DSC04098.jpg








DSC04095.jpg





 よく動くようになったのは良いんですが、その分くねくねしすぎて位置決めが難しい。
 しかし、300円の(買ったのは100円だけど)食ガンにいったい関節代でいくらかかってるんだ~というおちでした。
スポンサーサイト
ツヅキ
 いやー昨日の広島の巨人戦も熱かった!
 あの粘りはいまの広島を象徴しているよね。
 一番むかついたのはTV放送。
 何で8回巨人の高橋に逆転HR打たれたところで放送終了してしまうんだ!
 その裏の広島の活躍見れんかったじゃないか!

>今日アシナンテ

 面白いので珍しく続いています。
DSC04085.jpg





 なんだか、これだけだとビグラングのようにも見えるな…

DSC04083.jpg






 腹部はMHのような感じにしてみたけど、まんまであまり面白くない。
 ディティール増やそうか。
 胸部のデザインも固まってないし、頭部も仮です。
 神様降りてこないかな~
アシナンテ…
 最近は設定画のあるものばかり作っているので、気分転換にまた横道へ…(ガズはどうした?)


 今回のお絵かきは、

 「足なんて飾りです。偉いヒトにはそれがわからんのです」Ver.Yu?

DSC04068.jpg





 ちなみに、「ルチ将軍」ではありません(会話の通じるヒトは年代が分かるな…)

 
 小さく作っても面白くないので、1.5倍くらいに拡大コピー

DSC04069.jpg






 全長30cmくらいになったんですが、1/400Gコレνガンと並べるとまだ小さいか。

 イメージ的には1/550くらいが適当?

 あまり深く考えず、プラ板を切り出して強引に組み上げてパテ盛り。

 設計図も今回は描かず、コレ1枚だけです。

 本来ならバルサで原型作って、バキュームしたほうがよさげなんですが、あまりそこまでの情熱はない。。。

DSC04070.jpg






 プラ板であんこ作ってなるべくパテの使用量減らすようにしたんだけど、スカートの部分だけで軽量エポ1箱近くつかっとる。贅沢~


 上半身も同様にプラ板で箱作ってパテを盛る。

DSC04072.jpg






 ま、いつもの気まぐれなので完成するかも分かりませんが、今日はこのへんで~

整理整頓
 スクラッチばかりやっていると、マテリアルばかり増えてくるのでいろいろ思案する。

DSC04056.jpg





 半端なプラ板はクリアホルダに入れて整理するのが、一番分かりやすくて使い勝手がよいようだ。

 コレに替えてから、非常に効率がよくなった。
 
 ちょっとしたことだけどね。

 

 あとサポートパーツは、種別ごとにケースに入れて保管している。

DSC04054.jpg

 




 大雑把な分類だし、よく使うものは限られてくるのでどうしても、あまり使わないものは残っていってしまいます。

 使用頻度の高い○系パーツだと、ランナーのままで残していっててもかさばってくるので、たまに切り取って大きさごとに分類。

DSC04055.jpg







 この作業だけでもかなり時間とられるのよね。

 ちなみに血液型はA型ではありません(O型)。

 だからたまにしかやらない。
おすすめ本?
DSC04039.jpg
んどぱら屋さんのブログ(同じライターやってますが特に関係はありません。いちファンです。)でお勧めとして紹介されていた本を購入してみました。
車のクレイモデルの作り方を書いた本ですが、日々の造形の参考になるとのこと。

洋書として販売されたものに訳をつけて販売されたものなのですが、正直僕には難しかったです(汗)。
造形のテクニックを学ぶというよりは(もちろんその件も満載ですが)、理念を学ぶって感じでした。

それに追いつけるように精進せねばと思う今日この頃。
とりあえず、表面処理がんばろうよ!(と、自分に言ってみる)

Designed by aykm.