puramo-biyori

リアルタイプ~腕部編~

 高速道路1000円均一の恩恵にあずかって、今治まで行ってみました。
 しまなみ海道は先週からの実施でしたが、交通量は普段とあまり変わらなかったですね。
 通常だと3000円くらいなので、約1/3。
 4月からは仕事忙しくなるので、温泉でしっかり英気養ってきました。


 今月号のMGみました。
 関氏のFAかっこよいですね。
 ああいうのは技術だけでなくセンスも必要だとおもいますから、爪の垢でものませて欲しい(いや本当には飲まないけど)。

 うちのキャノンはすでに飽き気味。。。。。
 どうも上半身と下半身のバランスが気に入らない。
 あとブルマ(太ももの付け根にあるディティール)が、入らない。
 壁にぶち当たると挫折してしまうのが悪い癖です。

DSC04438.jpg







DSC04437.jpg








 全体的に長く感じるので、前腕は上部のすぼんでいるところをカットしましたが、まだ少し長いですね。

 肘部分は完全に形違うのでパテで裏打ちして形状変更。

 肩と上腕は切り離して別パーツ化。

 肩の蛇腹はキットでは肉厚すぎるので、パテを盛って成型。

 手はマジスカで作り直しました。


 今週のガンダムA。

 このタイミングでしたか…

DSC04436.jpg







 袖つきギラ・ドーガ。

 本当はコレにしたかったんですよね。

 もう遅いけど。
スポンサーサイト
リアルタイプ~胴体編
>胴体

 DSC04430.jpg







 パッケージと比較してなんとなく似ているようで、全く違う胴体。

 裏打ちしての面削りこみ、パテ盛、プラ板、切り刻みなどなど、結局いじってない面はないほどに、手を加えています。

DSC04427.jpg








DSC04428.jpg








 キットベースだと、どうしてもキットよりになってしまうので、ポリパテで初めからスクラッチしたほうが早いんじゃないかと思いましたが、それでは旧キット使う意味がないからね。

 頭部もディティール含め、変更しています。

DSC04429.jpg








 たかが588円で購入したキット。

 十分堪能しております。


>エポパテの話

 うちにあるエポパテ群。(ラッカーもまじってるけど)
DSC04400.jpg








 主に用途によって使い分けています。
 マジスカはエッジ出しやすいので原型製作用。タミヤ速乾エポは細かいディティール用、WAVE軽量エポは盛り付け用、などなど。


 土曜日は親戚の結婚式で大阪へ行きます。

 久しぶりの遠出。たのしみ~
リアルタイプ~脚部編
>脚部編

 まず足なんですが、ほぼ完璧といえる部分です。

 1つのポイントとしては足首。

 ボックスアートでは足首まわりの肉厚の装甲が漢をかんじさせますが、キットは可動のためそこらへんがあいましです。

DSC04412.jpg






 そのため一旦、足首まわりを切り出します。

DSC04411.jpg







 この辺は超音波カッターがあるとやはり楽ですね。

 次に装甲部分の厚み部分をトリミングしてやります。

DSC04413.jpg

 





 あとはそれにあわせて足首を太くしてやります。

 膝は境目を掘りなおして、パテで厚みをもたせる。

 太ももは細く感じたので、パーティングラインで2mmプラ板を挟みました。

 足先(黒い部分)はエッジがだるく感じたので削り込んでややシャープに。

 DSC04416.jpg









 


 足首のパーツは、スジボリになっている部分を削って凹モールドに。

DSC04418.jpg








 バランス的にはこんなところでどうでしょう?

DSC04421.jpg
旧ラブ
 次の作例も落ち着いたので、プライベートでも何かやっていこうかなと。

 今月のMG誌のMSVコンペでも、知り合いが何人か予選通過していたので、僕の旧キット魂に火がつきました。

 そんなわけで、模型屋で物色。

 初めはゾゴックあたりをかんがえていたのですが、どうもアイデアが浮かばない。

 結局目に付いたのがコレ。
DSC04406.jpg






 MSVじゃないじゃん、という突っ込みはなしね。

 カラーバリエーションという意味ではMSV?

 当時でも、リアルタイプは買わんかったな。

 30年前、購入するのはほとんど1/144ばかりで、1/100で買ったものといえばガンダム、ガンキャノン、ゲルググくらい。

 1/60なんて、とてもとても。

 その頃の同級生が病気のときに1/60ガンダムを買ってもらったのを聞いたら、なんとうらやましかったことか。



 リアルタイプのガンキャノンのボックスアートは今の目で見ても十分かっこよいと思います(おじさん基準)。

 それに対しキットは通常のガンキャノンの色替えですが、一見するとかなりな不恰好に見えます…

DSC04408.jpg







 が、ボックスアートと照らし合わせると、かなりいいせんいってるんです。

 手を加えてやればかなりよくなるんじゃないかなと。

 というわけで、次はガンキャノンにけって~ (ちゃんと完成させろよ)


P.S
 DSC04407.jpg

 ガンキャノンを海中で戦わせるな~
Designed by aykm.