puramo-biyori

斑鳩
発売前から気になっていましたが、SINさんが購入していたのにつられて、僕も買ってしまいました。

DSC05240.jpg








飛鉄塊「斑鳩」。

僕はゲームをほとんどやらないので、元ネタは全く知りません。

でも、原型が伊世谷大士氏のガレキで、それをプラモ化されたということだったのでほしくなりました。

僕も伊世谷信者です♪


世の中、模型を作るのがうまい人はたくさんいますが、創るのがうまいと思える人はそんなに多くいないように思います。

その違いは「センス」じゃないかな。

センスのあるうまい人の作品を真似て作ることはできても、それ以上のものにはなかなか成り得ないだろうし、訓練しても会得できるわけじゃない。


僕は、皆さんの跡をそっとついていきます。。。




ついでと言ってなんですが、「HYPER WEAPON 2011」が発売されていたので、一緒にアマで注文しました。

DSC05239.jpg








だめですね。

ヤマトが載っていると、つい買ってしまいます。

今回は復活編DVDの表紙の線画が大きく掲載されていたので、とてもよくわかりました。

作りてえ~


あとこの記事の中では、復活編ディレクターズカット版についても触れられており間もなく完成のようです。

ディレクターズカット版では、地球消滅が描かれているようなので楽しみです。

実は復活編DVDは購入していませんでした。

でもこちらは絶対買います!
スポンサーサイト
BL&DVD
DSC05235_20110624155423.jpg








 ついに実写版の宇宙戦艦ヤマトのブルーレイ&DVDが販売されました。

 数種類販売されていますが、僕は勿論、コレクターズエディションで。

 ちなみに、ブルーレイとDVD両方買いました。

 あほです。

 かみさんにも言われました「内容同じじゃろ。何で2つも買うん」

 それはね、



 「マニアだからさ!」



 
 コレクターズエディションには特典がいくつか付いていますが、その中で一番の目的はメカのCGライブラリーです。

 ただ正直実際見た感想としては、想像していたものよりやや劣ります(期待が高すぎた?)

 360°ムービーは1回転しかしないので、好きな方向から見ることができないし、途中で静止画にすることもできない。

 固定画面での部分的なアップはできるけど、見たいところがかならず見れるわけではないので、模型の制作資料としては不十分です。

 一番の収穫としては、3枚のディスクが収められているパッケージかもしれません。

DSC05236.jpg










 表面には4枚のヤマトの細密画が描かれており、テンションあがります。


 大きく引き伸ばして飾りたい!



 

 ちなみに、巷の噂では今我が因島の造船所に、木村拓也氏が南極物語の撮影のため滞在中らしいです。

 ま、実際見に行けるわけではないのでどうこうできるわけではありませんが、楽しみですね。

 
 
自給自足
 110621_0747~0001









 震災以降、食糧難になるんじゃないかと思って(全くそんなことはありませんでしたが)放置していた裏の畑で、野菜を育てていたのが、ようやく収穫できはじめました。

 今回は100円ショップで買ってきた野菜の種からの挑戦。

 よくいえば「無農薬自然農法」、はやくいえば「やりっぱなし農法」でしたが、まあまあいい感じです。

 一番育ちの早い大根の次は、キュウリが食べごろになりました。

 まだ梅雨で気温が低かったせいか、トマトやナス、ピーマンはいまいちですが、これから収穫できるようになるでしょう。

 いんげんや枝豆はちょっと心配。

 サツマイモは収穫時期が秋なので、まだまだですが焼き芋にするのが楽しみです。
 先週末は3カ月ぶりに塾へ参加してきました。

 とくに製作が進むというわけではないのですが、まったり作りながらのおしゃべりは心なごみます。


 今回、配布物がありました。

 塾長からはタコ足と犬ガトリング商会から四つ足です。


11835188_1181601578_153large.jpg










DSC05209.jpg










 オリジナルメカの「コテツ」です。

 一人1体作成の課題が出たので、昨日小改造して塗装したのですが、気に入らなかったので塗り直そうとしたらまた雨。

 そろそろ梅雨終わらないかなあ。。。
AGE
119_20110613_4502.jpg







 新しいガンダムが発表されましたね。

 キャラを見る限り、かわいい感じなので今回は低年齢を意識したものかな。

 ガンダムはパーツ換装でいろいろなタイプに変えさせるということなので、「鋼鉄ジーク」みたいなことでしょうか。

 今回気になったのが、アーケードゲームにTOYやプラモを組み合わせた企画。

 立体をスキャンして(厳密にはパーツのチップを認識させるだけのようですが)、ゲーム画面で戦わせることだから、簡易版の「プラモ狂四郎」みたい。

 何気におじさんせだいにも興味をそそられる内容となっています。

 
Designed by aykm.