puramo-biyori

SA
                 DSC06004.jpg









島外に出ないとなかなか、マイナーな模型雑誌はお目にかかれない。(最近はMG誌さへ置いていない)。

そんななか久しぶりに見た「SA」。

今回は、はっきり言ってつぼです。

自分でやりたいなって思っていた企画(おまえは編集者か!)を本当にやってくれって、ありがとうって感じです。

宮崎メカ大好きな私としては、雑草ノートの機体だけでなく、幅広く飛行機が取り上げられており、見ごたえ十分でした。

とくにナウシカのコルベットやバカガラスまで!感涙ものです。

当然スクラッチとなるわけですが、一方はケミカルウッド、一方は他キットとプラバンと製作方法の違いも見れて面白い(ぼくならバルサ原型のバキュームだろうな)。

ケミカルウッドは一度試してみたことあるけど、僕には向かない素材みたいです。

僕がやるなら、コナンのギガントか、ルパンのアルバトロス(宮崎メカか?)がやってみたい!
スポンサーサイト
接待ボウリング?

 昨日は子供会のお楽しみ会の引率で、ボウリングへ行った。

 しかし全く楽しめない。

 同じグループになった子供の中で、一番得点をとれない子はどんどんテンションが下がってくるので、盛り上げるのとわざとガーターを連発し、子供よりも低い得点になるよう調整するのが大変。

 大人の接待ゴルフってこういうものなんだろうなと、しみじみ。



 最近 →Pia-no-jaC← を聞くようになって、「カホン」に興味がわいてきた。


 調べてみると、自分でも作れそうだったので自作してみることに。(買ってもよかったけど、作れると聞いてはスクラッチャーの血が沸き立ちます)

 とりあえず本物を見たことも、触ったのともなかったので、楽器屋に行って実際に叩いてみたり、のぞいてみたり。

 なるほど。いけそうですね。(ちなみに楽器屋に置いてあるのは2万円前後でした)。


 見た目ただの木の箱ですが、最大の違いは穴があいていることと、中にバズ音(雑音)を出すスナッピーやギターの弦が張ってあること。

 僕はホームセンターにある部材ですべてやってみたかったので、m売りしているワイヤー線を使用してみました。

 張りを調節するために、調節ねじを取り付けています。

DSC05918_20120806085407.jpg










 作り方は、検索するといろいろ出てくるので省略して、完成です。

DSC05916_20120806085347.jpgDSC05917_20120806085357.jpg












 いい感じにできました。

 問題の音ですが、思っていたよりバズ音も出ているので、最初に作った割にはまずまずかなと。

 しかし、理想とする音にはまだまだ改良の余地があるで、Ver.2.0に期待しましょう。


>ジ・O

 拳がMGザクのものになっているので、サイズが合わないから、Salaさんに取説みせてもらって、MGジ・Oの大型ビームライフルと、ビームサーベルを部品注文してみました(Salaさんありがと~)

 さすが既製品!いい感じです。

DSC05919.jpg
Designed by aykm.