puramo-biyori

2202上映会
IMG_1229.jpg









 行ってきました、2202上映会。
 今回は福山映画祭の一環として行われた1回限りの上映会。

 開場直前には、映画館の前に人だかりが出来てましたね。
 若いカップルや家族連れも少しはいましたが、ほとんどがいい年のおじさん、おばさんです。

 予約したのが1週間前ということもあり、中心の席はほぼ埋まっていて、
 僕は2階席の端のほうにしていました。


 右隣はカップル。
 左隣りは僕より上の50代くらいのおじさん。
 そのおじさん、上映前にはごそごそと袋を取り出し、
 たぶんどこかの古本屋で買ってきたのだと思うけど、昭和時代の小学4年生の雑誌をひらいてよんでいました。
 マニアックですね。


 上映は50分ほど。
 制作意欲をかきたてられるシーンがいくつもあり、早く作りたくなりました。
 中身については、特に触れないようにしときます。


 その後、監督のトークショーになるわけですが、
 隣のおじさんは、身を乗り出して聴き入るほどの勢い。
 よっぽどのファンなんですね。



 そのトーク中、監督の話の中で、
 福井さんとともに脚本を担当されている、
 岡秀樹氏がこの会場にも来ているとのこと。



 監督が会場に呼び掛ける中、初めは返答なかったのですが、

 突然

 となりで、

 大きな声



「はーい!」





 え~~~~~!!!

 となりのおじさん、まさかあなたが。。。
 
 びっくりな、1日でした。

スポンサーサイト
Designed by aykm.