puramo-biyori

巨神兵(特撮Ver.) 1
 早いのもので、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の同時上映として、『巨神兵東京に現わる』が公開されて早4年以上になる。

 エヴァよりも巨神兵を見たくて、仕事が終わってからナイト上映をみるために、1時間くらい車を走らせて見に行った。

 基本的にはなんでも受け入れるほうなので、アリなのだけどスケール感がちぐはぐなところには思考がついていかなかったのを覚えている。



 この巨神兵の立体物としては、カプセルトイ3種、figma、レプリカが発売されたと思いますが、レプリカなどは今ではプレ値がついてオクでも3倍くらいの値で取引されていてとても手が出ない。

 基本的に全身像であればfigmaでもいいけれど、造形的にはカプセルトイのバストアップモデル(プロトンビーム発射)が気に入ってるので、それを大きく作ってみたい。

IMG_1327_2017053018444510d.jpg












 以前ダイソーで買っておいた、発泡スチール製のマネキン(648円也…意外と高い)。

 使い道がなかったので、これを芯にして作っていきます(後で思ったけど、これよりスタイロフォームで作ったほうが粘土の消費は抑えられた…)。

 使用する粘土は、コスト、質、入手しやすさ、安定供給から、ダイソーの石粉粘土を大人買い。

IMG_1347.jpg












 まず、粘土の食い付きをよくするため、全体に薄く粘土を盛りつけます。

 (人骨から生前の顔を再生する法医学者の気分)


IMG_1339_2017053018444100e.jpg













 それが乾いたら、側面と正面図の拡大コピーと同じ形にダンボールを切ったものをガイドにして、その高さまで粘土を盛る。

IMG_1341_20170530184447f1d.jpg











IMG_1342_201705301844444b5.jpg










 粘土の乾燥には時間がかかるので、気長にやります。


 
スポンサーサイト
巨神兵の秘石 2
 秘石の続きです。

IMG_1343_201705291808450ef.jpg












  中央4か所と上下2つの半球部分については、中央を8mm径の丸ビーズを半分にカットして使用し、上下部分は6.5mm径のHアイズを流用します。


 カラーについてですが、原作がモノトーンで、映画版に秘石は未登場のためたぶんカラー画稿はないはず。

 なので自分のイメージで塗装します。(他の方で知る限りではSYUさんが金色に緑のカラーで作られています)

 僕のイメージは茶系で2色塗り。

 円形部分は赤か緑でしたが、今回は赤にしてみました。



 マホガニーで下地塗りして、数色でドライブラシしながら色を重ねます。

 円形部分はクリアレッドで塗装。

 ウォッシングしたら、全体に艶消しを吹いて、パステルで全体を落ち着かせます。


IMG_1345.jpg












 ということで完成~

 イメージどおりなのですが、どこかで見たことがあるような…






 !




 ポケモンのサマヨールっぽいじゃありませんか!

 白地に茶色ならサイヤ人の戦闘服もありますね。


 なにはともあれ、これで巨神兵を復活させることができます。

IMG_1327_20170529182151041.jpg


巨神兵の秘石 1
 映画では登場しませんでしたが、マンガで巨神兵復活のカギとなる秘石。

IMG_1334.jpg














改めてマンガを見てみると、この秘石も結構画によって形が違うことに気づきました。

今回はこれを1/1でスクります。

 正確なサイズの記載はないので、手のひらサイズでそれらしく。




 原型として直径4.5mmの丸浮きを半分にして1.5mm間を延長した、球体を作ります。

IMG_1335.jpg





















 それを、おゆまるで型どりして、型にポリパテを詰めて原型とします。

IMG_1336_20170527172324368.jpg














 そのポリパテを削り込んで、ディティール作成。

 中央の円形部分は、別途ポリパテで作って、おゆまる複製したものを取り付けます。

IMG_1337.jpg


















 
 ただいま整形中
HJ 2017.7月号
IMG_1328.jpg
















今月は1作品のみの掲載です(まあそれが普通だと思いますが)。


PB030556.jpg












 今回も、本編に登場することなく幻となったメカ「アース・ハリケーン級」です。

 決定稿まで作られていましたが、本編未登場ということもありカラー画稿は存在しないため、本編登場したグレタのアース・サンダーカラーで塗装しました。

 これで、いままで製作したカラス・カラスの「グレタ・ガリー」、ガリー・カラスの「アース・サンダー」と合わせれば、幻のカラス一家そろい踏みをねらっていたのですが、残念ながらその画像はなく。。。

 MOOKではぜひその辺をお願いします。



 

 
かぶれてしまったか?
 以前購入したゴッドハンドのアルティメットカッター。

思いのほか使い勝手が良かったので、

IMG_1320.jpg















 臨時収入も入ったことだし、

 設備投資に奮発して、

 またゴッドハンドを買ってみた。


IMG_1321.jpg















 今回はニッパーと、小&極小の目立てヤスリと彫刻刀。

 これでアマで買うPGアストレイとほぼ同等かあ。(作らないけどね)

 価格に見合った仕事してくれることを期待します。




Designed by aykm.