puramo-biyori

こんなところで
 何が悪いのかいろいろ悩んでいたんですが、やはり胴が太いだろうと言う事で真っ二つに割って幅つめしました。
 コガオにした顔も納得いったわけではありませんが、この辺で御勘弁を。
 そろそろサフに移りたいと思います。
DSCF5980.jpg


 製作に飽きたら、単純作業のガレキの整形なんかを行っています。
DSCF5979.jpg

 しかし伊勢谷氏のMkⅢは一言で言って、パーツが美しい。
 一つ一つバリ取りする作業も、このパーツはどうやって作ったんだろうとか、ディティールの入れ方に感心したりと勉強になります。
 とても巨匠の真似はできないとあらためて悟りました。
スポンサーサイト
2006/09/04(月) 12:10:31 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.