puramo-biyori

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
今回のオラザクについて
 HJも正式発売となりまして、本題に触れても良いかなと。

 この度もありがたいことに入賞させていただくことができました。
 初投稿から4年連続の入賞はうれしい限りです。
 ただ正直、参加当初からの目標であった1人複数部門入賞も達成し(大賞の器でないことは分かっていますので…)、これ以上の結果は望めないだろうから3年で終わりにするつもりだったりしました。
 ホンと締め切り2ヶ月前くらいの7月までは出すつもりなかったんです。

 クシャについて実はガン王大阪に出そうかと6月から製作始めたのですが、締め切りが7月末と知ったのは7月にはいってから。
 8月末くらいのつもりで作っていたので一気にやる気なくなりそのまましばらく放置。
 ただそのままにしておくのももったいないので、オラザク用として仕上げました。
 そうなると、1作品ではさみしいので(悲しい嵯峨)素組みならと8月中旬に1週間でキュベを作り、まだ時間あったので5日でSOFT SCHEL CLABを作った次第です。
 まだ締め切りまで数日あったので何か作ろうかと思ったのですが、納得できそうにないので止めました。

 まさかそんな子達がすべて賞をもらえるなんて考えてもなかったですよ。昨年は5作品出して3作品入賞。今回は3作品出して3作品入賞。プロ野球なら10割バッター?結果去年以上の結果となりました。世の中何が起こるかわかりません。

>入賞作品についてもう少し詳しく

 クシャは製作詳細も掲載してありますのでそちらを参照してください

 SOFT SCHEL CLABの評価コメントで編集者の方が白のカラーリングを評価していただけたのはこだわった所だけにうれしかったですね。深みを出すためにラッカーのブラシ塗装の上にラッカーでドライブラシし、その上にエナメルでウォッシングしています。通常ならコレで終わりなのですがこの過程を数回繰り返しました。エナメルの上にラッカーは邪道で、強く拭くと塗装が剥がれてしまうのですが、結果いい感じになりました。

 キュベはいつか塗装部門みたいなのが出来たらやってみたいなと思っていた方法の1つが実現できました。いくつかあった候補でなんでこれを選んだかというと時間の制約があったので一番簡単だったから。
 仕上がりには少々不満で、自分的にはもっと線を細く、多くすればよかったなと後悔しています。テカテカ塗装ですがグロス仕上げにするとくどくなると思い(時間もないし)パールクリアでコートしています。

>個人的なオラザク総評

 いちオラザクファンとして、今回の感想を述べると、審査委員も言われている通り、僕的にも「やられた!」と思える作品はなかったですね。大賞作品でも91点、それ以外はすべて80点台以下と点数だけ見れば例年になく低いものでした。ただ例年のエントリーだったらもっと点高くてもよかったんじゃないかなと思う作品はいくつもありましたので、押し上げる作品がなかった分、すべてが低めについたのかなと感じました。

 オラ金の銀狼♪さんの作品は、あらかじめHPで公開されていたので、コレはいくなと思ってました。オラ銅のAYAさんはヤフオクでも活躍されている仕上げのきれいな作品。ここの審査員のコメントできれいな写真に好評が集まっていましたが、これはちょっと衝撃。今までオラザクの場合少々投稿写真がまずくてもいい結果がでていることはありましたが、写真はやはり重要なファクターとなりつつあるようですね(写真審査なので当たり前ですけど)。やっぱもっと写真うまくならなくては(最近デジイチ買いました♪)。

 ラブ銀のネモは見るからに時間と手間かかってますよね。なんか申し訳ない気持ちです。ラブ銅のジョンソンさんも常連さんですがブログで拝見したときアッガイは衝撃でした。新しい制作方法に挑戦されるチャレンジ精神に感服いたします。

 今回は部門多いので見る分にはいろいろあって楽しかったのですが、来年からはもっと絞られそう。

>投稿について
 以前も書いたのですが、参考までに僕の投稿方法を掲載しておきます。
 僕の場合は建築写真用のファイルを色画用紙で表紙を作り製本して提出しています。
 枚数はものによって違いますが10~30枚程度。
DSCF7402.jpg

 製作文について、今回はまったく添付していません。
 申込用紙のコメント欄に2~3行、オラザク掲載ページに書いてあったようなことを書いただけです。
 製作途中の写真を数枚加えていますので、審査するのはプロなんだからそれを見れば十分分かるだろうし、そんなに細かく書いても読むほうが大変かなと。

 そこらへんのことについては、バンダイの川口氏が今年のブログに書かれていましたので参考にしてみては?
http://pikachiu.txt-nifty.com/wotaku_life/2007/10/index.html
2007年10月25日のブログに掲載してあります。

 何はともあれ楽しむのが大切だと思いますので、みなさんがんばって作りましょう~
スポンサーサイト
2007/11/25(日) 18:05:38 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。