puramo-biyori

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
たがね
 以前、美唄モデラーズクラブさんで販売されていた(現販売権移行?)タガネを、いまさらながらですが僕も購入してみました。
DSCF8498.jpg

 どれを使うかよく分からないので、0.2mm、0.5mm、1.0mm、1.5mm、2.0mmの5本購入(こんなに安かったっけ?以前はもっとしていたような記憶があるんだけど)。
 0.15mmも発売されたようですが、今回は様子見なのでパス。

 実際、筋彫りのラインに当ててみても、思ったほどの抵抗感もなく凹が彫れますね。
 確かに良いという話のことだけはある。

 今回幅広を注文したのは、筋彫りだけでなくディティール用に使用したかったから。
 いままで使用していたパワーグリップ平刀1.5mm(上)とタガネ2.0mm(下)で凹□モールドを彫ってみました。
DSCF8501.jpg

 パワーグリップでも彫れないことはないんですが、角の部分がだるく不満でした。
 タガネはシャープで、いいかんじです。
 タガネの角がヘタらないか心配ですが、かなり硬い素材なので丈夫らしいから期待して使用してみたいと思います。

 ただ不満なのが、柄の部分が短いこと。
 大き目の手の僕には使いづらいです。
 できれば15cmくらいの長さが欲しい。

 そこで、僕が頻繁に使用する道具のコンパス針につかっているアイテムを流用。
 昔、短くなった鉛筆を使用するために使っていた(今でも普通に売っていますが)アルミのキャップ(?正式名称知らん)。
 そのままでは太さが足らないため、ガムテープで太らせて装着してみました。
DSCF8502.jpg

 コレだと彫るときの力の入れ具合もいい感じです。
 見た目より実用性!

 
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。