puramo-biyori

というわけで完成です。

DSC04190.jpg










 素体が出来たところで、近藤版に特徴的な大きな腰アーマーですが、当然プラ板などは使えませんので、レギュに沿ってパッケージの箱を利用します。

 要は紙工作。

DSC04185.jpg








 形を切り出して、組み立てます。

 ただそのままでは、柔らかくて、エッジも保てませんし、塗装も難しいので、瞬間接着剤で表面をコーティングして強度を保持します。

 で、取り付けたらこんな感じ。

DSC04186.jpg








DSC04187.jpg








 だいぶらしくなりましたか?

 左手のシュツルム・ファウスト(?)もランナーに紙を巻いて作ります。

 あとはサフを吹いて、塗装、ウエザリング、パステル塗装。

 「03」のナンバーは紙を切り出してステンシルシートを作り、エアブラシでさっと塗装しました(所ジョージさんとかよくやってますよね)。



 今回はビネットに仕上げるので、ここからはベース作り。

 当然これも、他の素材を持って来れませんので、パッケージから作ります。

 DSC04182.jpg







 強度を高めるため、中にも背骨を入れてます。

DSC04181.jpg








 そのまわりにニスを塗ってコーティングします。

 ベースの土は、余った箱を細かく砕いて、水と木工用ボンドを混ぜて盛り付けます。
DSC04189.jpg







 あとは塗装して、別にランナーで作った電信柱を配置。

 
 以降、完成画像です。
DSC04191.jpg








DSC04192.jpg








DSC04193.jpg








DSC04194.jpg








DSC04195.jpg









 普段、マテリアルに慣れてしまっていて、プラモデル製作といえど高価になりつつある昨今。

 お金をかけず制限された中で作るということは、改めて作る楽しさを感じさせてくれました。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
なんと!
箱を使うとは、これまたスゴイアイデアですね。

なるほど、そんな考え方があったとは・・・。
これは面白いですね。
プラ板、パテ、メタルパーツ・・・。確かに改修には役立ちますが、今一度基本に戻るのも面白いかも。
今度そのネタでアメブロでコンペやってみようかな?

あ、でも許可が必要かな?
2008/11/15(土) 18:24:26 | URL | sirius1971 #-[ 編集]
一流は物がなくても素晴らしい作品を作るとか聞きましたが本当ですね・・・!!
 
 
ヤフオクとか出せば絶対売れますよ!!!!!!
短期間でこれほどとは・・・!!
2008/11/16(日) 10:54:57 | URL | コウヘイ #-[ 編集]
早いですね~やはり。
私は、未だ例の物をチマチマやってます。
紙に瞬着って、内側に塗ったんですか?
でないと、塗装が乗らない気が・・・
ポッキーザクって、知らなかったんですが、コンビに売ってたんですね。
往年の、ビッグワンガムを思い出すオジさんです。
2008/11/16(日) 23:08:55 | URL | 皇帝ペンギン #GCA3nAmE[ 編集]
>siriusさん
 こういった企画って、AFVとかでもあったりするので珍しいわけでもないようですよ。
 プラモの楽しみはさまざまですから、ぜひ挑戦してみて下さい。

>コウヘイさん
 一流かどうかですが、ありがとうございます。
 ヤフオクはねえ。色々面倒になるので敬遠しがちですよ。

>皇帝ペンギンさん
 瞬着は粘性のないさらさらのものをしようしています。印刷面だとはじいてしまうので、裏面のほうが浸透しやすいです。そうすればヤスリがけも可能ですよ。
 ポッキーザクは割高なので当時買わなかったのですが、オークション落札品の中に入ってたのでもってました。
 ビッグワンガムなつかしいですねえ~
2008/11/17(月) 07:51:43 | URL | yubaba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.