puramo-biyori

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
塗装ブース
実際の塗装ブース制作方法です。

細かいことは気にせず、ちゃっちゃとすすめます。

110512_1756~0001












まず、背面の開閉式フィンはいらないので、外してしまいます。

安価なので構造も単純だから作業も楽です。

110512_1756~0002












梱包されていた箱をそのまま背面の排気ボックスとして活用。

すっぽり収まるサイズに穴をカットします。

110512_1802~0001












その穴にセットしたらガムテープで固定し、排気管用の穴をあけます。

排気管はブラックボックスに付いていた蛇腹管をそのまま使用。

110512_1828~0001











前面に少し大きめの段ボールで囲いを作ります。

四隅を付け足して開口部が広くなるように。

110512_1829~0001












内側は大体こんな感じで。

110512_1830~0001












あとは100円ショップで購入してきた換気扇用のフードを丁度収まるくらいにカットして、

取り付ければ完成です。

引っ張り紐のスイッチはONの状態にして、配線コードを途中から切ってブラックボックスの配線につなげて、

手元でON/OFF出来るようにしました。

所要時間30分。


素材としてもえやすいとか、湿気を吸って強度が落ちるとか、見た目がとか…いろいろあるとは思いますが、

汚れたら作りかえればいいし、これもエコということで。。。。



実際の吸引力には満足しています。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。