puramo-biyori

ケストレル
 電ホのヤマトの記事が見たかったけど、梱包されて見れないため購入したら、プラモデルがついてきた。
 電ホのガンプラ付きを買うのは、ヘイズル以来かもしれない。
 ちなみにそのヘイズルで初めて雑誌のコンテストに応募して、特別賞をいただきました。
 ああ、なつかしい。

 組み立てても、毎度のごとくほぼ関節固定モデルなので、あまりかっこ良くならない。

DSC05749.jpg









 記事のように改造するのは大変なので、固定モデルと割り切ってスダチがかっこよくなるよういじってみた。

DSC05744.jpg










DSC05743.jpg












DSC05750.jpg











 おもいっきり、S字立ち。

 改造点は、
・首を2mm後方へ移動。頭部内の関節は使わずサイドのピンを切りおとして、首を前に曲げる。頭部内の固定はエポパテ。

・肩はの中はエポパテを詰めて、肩関節を八の字に固定。

・そのままだと腕が外に開き過ぎなため、上腕と肩の接続はいったん切り離して肩の内側を削り肘が胴体によるように固定。

・股関節は関節軸よりも前方に固定するため、スカート内にエポパテを盛って、固定。(股関節は10mmビーズになっているけど、別のことをやろうとして削り取ってしまったため)

・足首は、コトブキヤのボールジョイントに交換。


 これだけで、だいぶ違うと思います。



 今回の作例ヤマト。

 2199ヤマト特集とはいえ、新設定4割、旧設定3割、オリジナル設定3割くらいでつくったので、かなり微妙なものになってしまったと、少し反省。

 だから記事も控えめだったのかな?(結構苦労した格納庫も小さい写真1枚だったし。まあ設定画なかったし、BTだったからしょうがないか)。

それも含めて、新しいキットが発売されるころには設定も十分出ているでしょうし、ぜひリベンジしたいと思います。



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.