puramo-biyori

ミノネズミ(映画Ver.) 3
 ミノネズミ最終回です。

IMG_1394.jpg









 色、塗りました。



IMG_1392.jpg









 腐海の植物は、粘土、綿棒、ダイソーの雑貨などを使ってつくります。
 
 雑草って、一種類で生えるというよりも、数種で混在しているほうが自然なので、それらしく配置します。













 P6051228.jpg









P6051225.jpg









P6051230.jpg









P6051227.jpg









P6051221.jpg












 
巨神兵(特撮Ver.) 2
 ガイドで盛り上げたところまで粘土を盛り上げて、アウトラインを出します。

IMG_1390.jpg











 乾燥のため、ベンチで休憩中。

 一度にやれることが少ないので、歯を作ってみる。

IMG_1348.jpg










 割り箸や、つまようじに粘土を盛りつけて、乾燥したらヤスリで形を整えます。

 割り箸やつまようじは持ち手の意味もありますが、本体に固定する際に支柱となります。

IMG_1389.jpg














バカガラス 2
 図面をもとに、胴体と翼の断面をプラバンで切りだしてガイドにします。

IMG_1325.jpg










 これにポリパテを盛って、整形。

IMG_1387.jpg












 バカガラスの表面は単なるパーティングラインではなく、鉄板をつぎはぎしていった感じとの指示があるので、境目の一方を薄く削りながら段差をつけていきます。

IMG_1384.jpg













 老眼にはつらい作業。。。
ミノネズミ(映画Ver.) 2
 台座用にセリアで、切り株のメッセージボードを買ってきた。

IMG_1377.jpg









 下地に石粉粘土を伸ばし、ディティールとして表面を歯ブラシでぽんぽん叩くと、こんな感じになります。

IMG_1378.jpg











 次に、表面は腐海の菌糸が張った感じにしたいので、そのディティールを考えます。

 ワイヤーハンガーで枠を作り、その周りに両面テープを貼って、その間に綿花を広げます。

 この時なるべく薄くするのがコツ。

IMG_1381.jpg










 今度はその表面に、スプレーのりを吹き付けるといい感じにところどころまとまって、菌糸が張った感じになります。

IMG_1382.jpg













 その状態で、下から台座をくぐらせて貼りつけると、こんな感じ。

IMG_1383.jpg










 後は、アクリル塗料をエアブラシで塗装すれば、こうなります。

IMG_1386.jpg










 とりあえず、腐海っぽく見えません?
ミノネズミ(映画Ver.) 1
 ミノネズミを知っていますか?

 ナウシカの劇中で腐海に落ちたアスベルを大群で襲う芋虫のようなやつです。

 宮崎作品に度々登場する架空の動物で、ラピュタやシュナの旅などにも登場します。

 ミノネズミは大きくなると、ヘビケラになります。

page-79604[1]












 芋虫のような形は同じですが、細部が異なるので、今回はナウシカVer.で作成します。

 プラバンで形を作り、ポリパテを盛って形を出します。

 ディティールにはプラ材を使います。


IMG_1369.jpg

 










IMG_1370.jpg












 表面のディティールは、リューターや溶きパテで作ります。

IMG_1371.jpg











 やっぱりミノネズミは数あってなんぼなので、複製して増殖~

IMG_1373.jpg












 アスベルも焦ってます!
Designed by aykm.